【作り方】手作りふわふわチョコムース! 15分でできる、安くて簡単レシピ!

ものづくり
スポンサーリンク

こんにちは、

まなぶたです!

もうすぐバレンタインデーですね! 僕はほぼ頂くような経験はありませんが(泣)、毎年、うちの奥さまに感謝を込めて手作りのチョコケーキをプレゼントするようにしています。

女性から?

 

そんなんどっちでもいいじゃない!

 

ってことで、今年、僕が作ったチョコムースのレシピをお伝えします!

実質、作業時間は15分もあればできます! そして材料費も500円ほどで4人分作れます!

ちょっと失敗したので注意点も書いておきますね!

 

【手作りチョコムース】材料

 

  • ブラックチョコ(無糖) … 180g
  • ビスケット … 60g
  • 溶かしバター … 20g
  • 牛乳 … 200ml
  • マシュマロ … 100g
  • サラダ油 … 大さじ1
  • チョコレートペン(ホワイト) … 1本

 

【手作りチョコムース】費用

  • ブラックチョコ(無糖) … 100円×2
  • ビスケット … 150円
  • 溶かしバター … 家にある分で
  • 牛乳 … 家にある分で
  • マシュマロ … 100円
  • サラダ油 … 家にある分で
  • チョコレートペン(ホワイト) … 100円

ほとんど100均で揃えました。牛乳や、バターなんかを買っても1000円を超えることはないので安くつくれるんじゃないかと思います。

 

【手作りチョコムース】およその作業時間

  • ビスケットを砕く … 1分
  • バターを投入 … 1分
  • 牛乳を温める … 2分
  • マシュマロを溶かす … 3分
  • チョコと混ぜる … 1分
  • 型に入れる … 1分
  • チョコを溶かす … 2分
  • コーティング … 2分
  • 仕上げ … 1分

作業工程は多いけど、ひとつひとつはほとんど時間がかからないので簡単! ただ、チョコレート相手なので冷やす時間だけがかかります。

【手作りチョコムース】作り方

ビスケットを砕く

ジプロックにビスケットを入れて、叩きつぶしましょう。粉々です。愛情をこめて優しく砕いていきます。じゃないと袋が破れて悲惨なことになります。

 

バターを投入

バターをレンジで溶かしたら、そのまま砕いたクッキーの中に流し入れます。バターをレンジで溶かすときはちゃんとラップをかけましょう。溶けたバターはまあまあ飛び散ります。

全体にバターがいきわたるように袋の中でシェイク、シェイクです。そうしたらお皿の上に平らに広げましょう。

 

牛乳を温める

鍋のなかに牛乳200mlをいれ温めます。すぐです、吹きこぼれに注意です!

 

マシュマロを溶かす

牛乳が温まったら、マシュマロを全部投入しましょう。遠慮はいりません。ためらうことなく一気に入れてしまいましょう。

 

マシュマロは温かいとすぐに溶けていきます。溶けると写真のようにアワアワになります。これも吹きこぼれに注意です。

 

チョコと混ぜる

マシュマロが溶けたら、火を止めて、チョコレート80gを入れましょう。チョコを軽く割りながら入れると早く溶けてくれます。

しっかりと混ぜてチョコとマシュマロをなじませましょう。

 

型に入れる

ほど良い大きさの器に流し入れましょう。取り出しやすいように、器にラップをしてから入れましょうね。熱いうちに入れて大丈夫ですよ。

器は、お茶碗でもいいです。写真より大きくなって2つ分ぐらい作れます。

この状態で冷蔵庫に入れて2時間ほど冷やします。トロトロがプリン状に固まります。

 

 

冷蔵庫から取り出したら、広げたクッキーの上にひっくり返しましょう。プルンっと落ちてくれます。カワイイです!

 

 

チョコを溶かす

最後の工程です。コーティング用のチョコを溶かしましょう。最後に残っているチョコ、100gを鍋で溶かします。溶けたら、サラダ油を大さじ1流し入れます。

チョコに滑らかさを出すんですね。

 

 

コーティング

熱々のチョコをかけるとせっかくのチョコプリンの部分が溶けてペタッとなるので、熱すぎないぐらいになってから上から全体に流しかけましょう。

コーティングのチョコがあまり分厚くなりすぎると、食べる時に中は柔らかいので表面のコーティングのチョコを切ることが出来なくて食べにくいです。僕はここをミスりました。

表面に上手くかけれたら、再び冷蔵庫に1時間ほど入れてチョコを冷やしましょう。

 

仕上げ

冷蔵庫から取り出す15分程前から、チョコレートペンを温かいお湯つけて溶かしておきましょう。中のチョコが硬いとうまく出てくれない。

どうでしょう、手作りっぽくていいんじゃないでしょうか? ほんとに、冷蔵庫に入れている時間が長いだけで、実際の作業時間は15分~20分もあればできますよ!

 

【手作りチョコムース】改善点・注意点

チョコムースの作る時の注意は上でそこそこ書いちゃったんだけど、問題は、味。だよね。

味は、うん、美味しかった!!

そりゃね、チョコと、マシュマロしか使ってないもんね。間違いようがないよ。

で、材料を見て、みんなが思ったであろうこと、

 

「めっちゃ甘いんじゃないの~?」

でしょ?

うん、甘い。だから、チョコは絶対に無糖にしようね。美味しいからってミルクチョコとかダメよ。疲れた時にしか食べれなくなるよ。

 

あと、こっちの方が重要。甘いのはね、まあ、食べれるぐらいの甘さなんでそんなに気にしなくていいんだけど。

下の砕いたビスケットね。これがボロボロしてて行儀が悪いのよ。家で食べる分にはまあ全然許容範囲なんだけど、誰かにねプレゼントするなら、容器にいれたほうがいい。

マグカップでもいいんだけど、

  1. カップの底に砕いたビスケット
  2. チョコマシュマロを容器半分くらいまで
  3. 再び砕いたビスケット
  4. チョコマシュマロ
  5. 表面をチョコでコーティング
  6. デコして仕上げ

 

こんな風にしてもらった方がいいです。ボロボロしなくて食べやすいです。

注意点はそんなもんかな。表面はパリッとしていて、中はふわふわになるので良い感じです!

 

【手作りチョコムース】わが家の奥さまの評価

わが家の奥さまの評価は・・・、

「美味しい!」

だって!!

うれしいね!

バレンタインに愛する妻にチョコを食べてもらって美味しいって言ってもらえる、いいじゃない!これはとても嬉しいことじゃない!

 

で、うちの奥さまはこのドーム型のチョコムースをひっくり返して、たくさん残った、ビスケットの残骸を上からかけて食べてました。甘さをビスケットが調和してくれるんだとか。

 

さて、来月のホワイトデーには何を作って食べてもらおうかしらね~♪

 

ものづくり
スポンサーリンク
シェアする
manabutaをフォローする
その1歩は貴重な1歩