ゴルフ!

東京オリンピック2020 女子プロゴルファー日本代表は誰?渋野選手は?

こんにちは、

まなぶたです!

ゴルフもオフシーズンになりましたが、気になることがありますよね?

そう!

東京オリンピック2020の代表選手ですよ!

女子ゴルフは渋野日向子選手の活躍で大いに盛り上がったツアーでしたが、その渋野日向子選手は日本代表として出場する?

それ以前に何人の選手が出場できるの?

そんな東京オリンピック2020の女子ゴルフの代表選手選考基準や、今の時点で代表に最も近い選手は誰なのかを紹介していきます!

東京オリンピック2020ゴルフ競技の大会概要

東京オリンピック2020、ゴルフ競技の開催される場所は埼玉県にある「霞が関カンツリー倶楽部」です。

日程は男子が7月30日(木)から、女子は8月5日(水)からで、男女とも個人戦となり、団体戦はありません。

競技は1ラウンド(18ホール)を、選手は4日間で合計4ラウンド72ホールをプレーし、合計の打数が少ない順に上位となる。

参加人数は男女それぞれ60名づつとなっています。

 

会場:霞が関カンツリー倶楽部
日程:【男子】7/30(木)~8/2(日)
【女子】8/5(水)~8/8(土)
ラウンド:4ラウンド72ホール(4日間)
参加人数:男女各60名
その他:個人戦、ストロークプレー

 

東京オリンピック2020女子ゴルフ選考基準

 

男子は2020年6月23日、女子は2020年6月30日時点でのオリンピックランキング上位15位までの選手(各国最大4名)

東京オリンピック2020、ゴルフ競技の各国の代表選手の選考は、国際ゴルフ連盟(IGF)が発表している『女子ゴルフ世界オリンピックゴルフランキング』から決定されるのですが、

このランキングの上位15位までの選手に出場権が与えられるんです。

なかなか厳しい条件ですね!

16位以下は、15位以内の有資格者も含め、1カ国2名が上限

気になるのは15位以内に入っている選手はいるのかい? ってことですが、大丈夫ですよ!

2019年12月時点で、ランキング5位に畑岡奈紗選手12位に渋野日向子選手がランクインしています!

さらに、17位には鈴木愛選手もランキングされているので15位までに入ることが出来れば日本から3人の選手が出場できる可能性があります!

 

アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニアの5大陸ごとに一人も出場資格を有するアスリートがいない場合、男女ともに最低1つの出場枠が保証される。

この項目は日本には関係ないですね。

そういえば、前回の2016年のリオデジャネイロオリンピックでは「ジカ熱」は流行して選手が出場を辞退していましたね。日本でも松山英樹選手が辞退していました。

今回は日本開催なので辞退することはないと思います、楽しみですね!

大会ホスト国(日本)に出場資格を有するアスリートがいない場合、男女とも最低1つの出場枠が保証される。

こちらも今のランキングでいけば畑岡奈紗選手と渋野日向子選手が出場になるので、このままの順位を落とすことなく、この開催地出場保障を受けることなく実力でいってほしいですね!

ちなみに、ランキング15位以内に2名+この保証一枠で3名の出場はダメです。

 

  1. オリンピックゴルフランキング上位15位までの選手で、各国最大4名まで。
  2. 16位以下については、1カ国2名(15位以内の有資格者も含む)を上限。
  3. 大陸(アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニア)ごとに、一人も出場資格を有するアスリートがいない場合は、男女ともに最低1つの出場枠が保証される。
  4. 大会開催国から一人も出場資格を有するアスリートがいない場合は、男女とも1つの出場枠が保証される。

 

現在のゴルフランキング

2019年12月現在

  1. コ・ジンヨン(韓国)
  2. パク・ソンヒョン(韓国)
  3. ネリー・コルダ(アメリカ)
  4. ダニエル・カン(アメリカ)
  5. 畑岡 奈紗(日本)
  6. キム・セヨン(韓国)
  7. イ・ジョンウン6(韓国)
  8. ブルック・ヘンダーソン(カナダ)
  9. ミンジー・リー(オーストラリア)
  10. レキシ―・トンプソン(アメリカ)
  11. アリヤ・ジュタヌガン(タイ)
  12. 渋野 日向子(日本)
  13. キム・ヒョージュ(韓国)
  14. パク・インビ(韓国)
  15. カルロタ・シガンダ(スペイン)

こうしてランキングを見ると、韓国とアメリカが強い! でも韓国なんかは1国4名までしか出場できないので少なくとも強敵が2名は減ることになりますね。

いっぽう、日本は17位に鈴木愛選手がなんとか15位までランキングを上げてほしい! もちろん大変なことだとは思うんだけど、そこをなんとか、意地でも食い込んでほしいと応援しています!

今後の代表予想

代表選手選考が来年(2020年)の6月末まで。ということはまだまだどうなるかは分からないです! 渋野日向子選手が全英女子オープンで優勝した時に世界ランキングが32人抜きということもあったので最後の最後まで順位も変わっていくと思われます。

と言うことは、今はランキング15位以内の畑岡奈紗選手や渋野日向子選手が16位以下になってしまうことも考えられるわけです。

しかも、最後の試合は一番大きい全米女子オープンなので大逆転もあり得るんじゃない? まだまだ目が離せないですね!

個人的に、畑岡奈紗選手、渋野日向子選手、鈴木愛選手の3人が出場してくれると思っています!

開催国の誇りに欠けて、しっかりとランキングに入って出場資格を取ってくれると思いますし、鈴木愛選手も畑岡選手と渋野選手に刺激されて集中力が増すんじゃないかって(笑)

頼むよ! 頑張って!!

 

ABOUT ME
manabuta
管理人 まなぶたです! 好きなもの ブタ。 なので、まなぶた! ただし僕はブタではありません!(たぶん…) 嫁さんもブタではありません!(キッパリ!) 嫁さんと子供がいつも笑っていたら幸せだな~と思っています 良かったらプロフィール覗いてください!