【2019年新郵便料金】切手やはがきが増税による値上げ! 現在と新料金の比較一覧

気になること
スポンサーリンク

こんにちは、

まなぶたです!

2019年10月から消費税の増税のため、郵便料金が値上げされますね。

郵便局、最近も値上げしてなかった? って思ったので調べてみたら、2016年6月1日に値上げがありましたね。

今回の料金改定を気になっている人もいると思うので、ゆうパックやゆうメール、普通郵便はどうなるのか、書いていきます!

 

新郵便料金はいつから?

2019年10月1日からです。消費税が10%増税に合わせて新郵便料金になります。

新郵便料金に対応した額面の切手・はがき

2019年8月20日から販売開始になります。

10月1日まででも新額面の切手を使うことは出来ますが、ちょっともったいないのでやめておきましょう!

10月1日以降の旧額面の切手・はがきは?

旧額面の切手もそのまま使用可能です! 新額面に対する不足分の切手を追加で張り付ければそのまま使用可能なので問題ありませんよ。

新郵便料金一覧

主な郵便料金を順番に紹介していきます!

はがき

【はがき】
長辺:14センチ~15.4センチ
短辺:9センチ~10.7センチ
重さ:2ブラム~6グラム
【往復はがき】
長辺:14センチ~3415.4センチ
短辺:9センチ~10.7センチ(開き×2)
重さ:4グラム~12グラム
 旧料金新料金値上げ幅
通常はがき62円63円1円
往復はがき124円126円2円

来年の2020年、年賀はがきも63円になります。

郵便書簡(ミニレター)

郵便書簡、ミニレターとも言います。意外と知らない方も多いのかもしれませんね。封筒の内側が便せんになっていて、ちょっと長めのお手紙を書く事ができ、25g以内で厚さ1cmまでなら写真などを同封できます。はがきと同じ全国一律値段は魅力!

 旧料金新料金値上げ幅
郵便書簡
(ミニレター)
62円63円1円

定型郵便物

A4サイズの紙を三つ折りしたサイズの封筒が定型サイズ。サイズや重さが少しでもオーバーすると定型外の扱いになります! 意外と、厚さ1センチがすぐに超えてしまうので注意です!

長辺:14センチ~23.5センチ
短辺:9センチ~12センチ
厚さ:1センチ
重さ:50グラム
 旧料金新料金値上げ幅
25gまで82円84円2円
50gまで92円94円2円

定型外郵便物(規格内)

長辺:14センチ~34センチ
短辺:9センチ~25センチ
厚さ:3センチ
重さ:1キロまで
 旧料金新料金値上げ幅
50gまで120円120円
100gまで140円140円
150gまで205円210円5円
250gまで250円250円
500gまで380円390円10円
1㎏まで570円580円10円

 

定形外郵便物(規格外)

定形外郵便はサイズが規格内と規格外とに分かれます。サイズ内であれば規格内の料金で、サイズをオーバーするなら規格外での料金になります。

【規格】
長辺34センチ×短辺25センチ×3センチ
※このサイズより大きいか小さいか

 

長辺:14センチ~60センチ
長辺+短辺+厚さ=90センチ
重さ:4キロまで
 旧料金新料金値上げ幅
50gまで200円200円
100gまで220円220円
150gまで290円300円10円
250gまで340円350円10円
500gまで500円510円10円
1㎏まで700円710円10円

ゆうメール

長辺:14センチ~34センチ
短辺:9センチ~25センチ
厚さ:3センチ
重さ:1キロまで

ゆうメールは冊子や印刷物、CDやDVDを安く送ることができます。本を送るときによく利用されます。

お手紙などの信書を一緒に贈ることは出来ません!

 旧料金新料金値上げ幅
150gまで180円180円
250gまで215円215円
500gまで300円310円10円
1㎏まで350円360円10円

ゆうパック

長辺+短辺+厚さ=170センチまで
重さ:25キロまで

ゆうパックは差し出す場所から宛先地帯によって値段が違います。届けるところが遠いほど値段が上がっていきます。

住んでいる所から、同一県内、第1地帯、第2地帯、第3地帯、第4地帯と値段の設定があります。一部ですが参考にしてください!

【料金は窓口で出した時に持ち込み割引―120円適用後の料金で表示しています】

サイズ縦・横・高さの合計
6060㎝以下
8080cm以下
100100cm以下
120120cm以下
140140cm以下
160160cm以下
170170cm以下
地帯サイズ旧料金新料金値上げ幅
同一県内60サイズ680円690円10円
80サイズ890円910円20円
100サイズ1140円1160円20円
120サイズ1380円1410円30円
140サイズ1630円1660円30円
160サイズ1850円1890円40円
170サイズ2180円2220円40円
第1地帯60サイズ730円750円20円
80サイズ960円980円20円
100サイズ1190円1210円20円
120サイズ1440円1470円30円
140サイズ1680円1710円30円
160サイズ1900円1940円40円
170サイズ2250円2290円40円
第2地帯60サイズ830円850円20円
80サイズ1060円1080円20円
100サイズ1290円1320円30円
120サイズ1540円1570円30円
140サイズ1790円1830円40円
160サイズ2000円2040円40円
170サイズ2360円2410円50円

 

レターパック

全国一律の安心料金。レターパック・プラスとライト、どちらも追跡サービスが付いているので安心ですね!

今、旧料額のレターパックが手元にあるよ~って人は、10月以降は10円切手を貼ってそのまま使えばいいですよ!

【レターパックプラス】
34センチ×24.8センチ(A4サイズ)
重さ:4キロまで
※配達時は対面で手渡しでお届け。受領印かサインをもらいます。
【レターパックライト】
34センチ×24.8センチ(A4サイズ)
厚さ:3センチまで
重さ:4キロまで
※配達は郵便ポストへお届けされます。
 旧料金新料金値上げ幅
レターパック・ライト360円370円10円
レターパック・プラス510円520円10円

スマートレター

全国一律180円! しかも今回、値上げはありません!

追跡サービスなんかはありませんが、ちょっと小物を送る際にはすごく便利です!

郵便局の窓口で購入できますよ!

25センチ×17センチ(A5サイズ)
厚さ:2センチ
重さ:1キロ
 旧料金新料金値上げ幅
スマートレター180円180円

ゆうパケット

全国一律の料金で、厚さに応じた3サイズの料金設定なので分かりやすくて安心です!

長辺:34センチ以内
長辺+短辺+厚さ=60センチ以内
厚さ:3センチ以内
重さ:1キロまで
 旧料金新料金値上げ幅
1cm以内250円250円
2cm以内300円310円10円
3cm以内350円360円10円

特殊料金(速達・書留など)

速達や書留など追加のオプションサービスも値上げがあります。

下記の表の料額はサービス追加分の料金なので、例えば定型郵便物82円を速達の簡易書留で送ろうって思ったら、

84円+320円+290円=692円

2円+10円+10円=22円の値上げ! ということになりますね!

 旧料金新料金値上げ幅
一般書留430円435円5円
現金書留430円435円5円
簡易書留310円320円10円
特定記録160円160円
速達280円290円10円

まとめ:新郵便料金に合わせて交換する?

今回の新郵便料金に合わせて、今持っている切手やはがき等を交換しようと思っている人もいるのではないでしょうか。

旧料額のものを新料額に交換する手数料は今までと変わらず1枚につき5円のままで変わりません。

でも、交換は個人的には5円の手数料がもったいないと思うので、新額面に対しての不足分の切手、2円や5円、10円などを追加で貼る方がいいのかなと思っています。

追加分の切手が手元になければ、その分だけを交換で手に入れるぐらいはしてもいいかもしれませんね。たとえば、手元にある82円切手を5円の手数料を支払って、10円切手7枚と2円切手6枚にしておくと便利かと思います。

 

気になること
スポンサーリンク
シェアする
manabutaをフォローする
その1歩は貴重な1歩